LPガスについての豆知識

1.LPガスとは

LPガスとは、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)の略称で、家庭用のLPガスは、プロパン成分(プロパン分とプロピレン分)を95%以上含んでいるので プロパンガスとも言います。


プロパンガスというと「まだプロパンガスなの?」と格下に見られることがありますが、LPガスは、日本全国どこの地域でも同じ種類のものを供給しているので、転居した際もそのまま同じ器具を使うことができます。また、都市ガスは成分の異なる数種類が存在するため、地域により器具の買い替えが必要となることもあります。


そして、LPガスは災害に強いエネルギーとして大注目されているのです。
また、「熱効率」では、プロパンガスは同体積の天然ガス(都市ガス)の約2倍の熱量を持っているため、とてもハイパワー!だから同じ火力なら使用するガス量も天然ガスより少ないので強い火力を必要とする中華料理店やラーメン店などでは、都市ガスが供給されているのに、わざわざ調理用にプロパンガスを購入しているお店があるほどです。

2 クリーンなエネルギー

熱効率がいいということは、無駄が少ないということでもあり、LPガスは地球温暖化の原因とされるCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガス排出量が石油や石炭に比べ非常に少なくなくLPガスは環境に優しくクリーンでハイパワーな高品質のエネルギーとして、需要の拡大が期待されています。


3 LPガスの容器

LPガスは、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になるという特徴があるので、液体のまま家庭、商店、LPガス自動車、工場等に運び、気体にして利用します。
また、持ち運びに便利な利点を生かして、カセットボンベ、ライター、スプレーなどでも大活躍しています。

4 LPガスのにおいについて

LPガスは、元々無色・無臭なので、万が一ガスが漏れた時分かりません。
そのため、ご家庭用のLPガスは人為的に臭い(タマネギが腐ったような臭い)をつけており、燃えると無臭になります。LPガスが正しく使われている限り臭うことはありませんのでもしガス臭いと感じたら、すぐに当社までご連絡ください。

5 災害に強いエネルギー

LPガスは災害時の被害が少なく復旧が早いため災害に強いエネルギーといわれています。
地震等の災害が発生してもLPガスは供給の途絶えが少なく、他のエネルギーに比べいち早く完全復旧できます。
また、LPガスは持ち運びが可能なため、避難所等でも活躍しました。




LPガスを安全にご利用いただくために

ガスが漏れたら?

ガス臭いと感じたり、ガス漏れ警報器が作動したら、落ち着いてこのように対処しましょう。

ガス器具の使用を中止してください
すべてのガス器具の使用を中止し、器具栓と、元栓を閉めてください。
換気をしましょう
ドアや窓を開けて、充分に換気を行ってください。
止まっている換気扇のスイッチは入れないでください。
使っている換気扇や、ついている電灯のスイッチには触れないでください。小さな火花がガスに引火する恐れがあるので注意しましょう。
当社までご連絡ください
ガス漏れの点検にうかがいます。
点検が終わるまで、ガスの使用はしないでください。

ガスが止まったら?(マイコンメーター復帰手順)

LPガスの流れや圧力などに異常があると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
異常がなければ、以下の手順でマイコンメーターを復帰させることができます。

ガスの元栓を閉めてください
すべてのガス器具の使用を中止し、器具栓と、元栓を閉めてください。
マイコンメーターの復帰ボタンを押してください
マイコンメーターの左側にある復帰ボタンを奥までしっかり押してください。
1分おまちください
マイコンメーターが安全の確認をしますので、そのまま1分間お待ちください。
ガスの供給を再開します
安全の確認を行った後、ガスの供給を再開いたします。ガスの供給がされない場合は、当社へご連絡ください。

地震・火災・洪水が起きたら?

地震・火災・洪水発生時は、命を守る行動をこころがけて安全に避難してください。

ガス器具の使用を中止してください
ただちにすべてのガス器具の使用を中止し、ガスの元栓・器具栓を閉めてください。
ガス臭い時はすぐに窓や戸を開け、屋外に避難してください。火気や電気は絶対に使用しないでください。
安全を確かめてガスの使用を再開しましょう
再度ガスをお使いになる時は、ガス臭くないかをよく確かめてから、ガスの元栓を開けてください。元栓を開けてもガスが出ないときは、マイコンメーターを確認してください。



よくある質問

Q1 LPガスの正しい使い方を教えてください。

ガスコンロ使用の際は、火が着いたかどうか、必ず目で確かめてください。

ガスの炎は、いつも青い炎の状態でご使用ください。
・ ガスコンロなどの目詰まりは、ときどき器具ブラシなどで掃除してください。
・ ガス栓は全開で使用し、外出・就寝時には必ず閉めてください。
・ ゴム管はときどき点検し、2~3年を目安に取り替えましょう。
・ ガス漏れ警報器・CO警報器の電源プラグは、絶対に抜かないでください。
・ 新しいガス器具を使用の際は、LPガス専用の器具であることを確認してください。
・ ガス使用時は、火元から離れないことが基本です。
・ 換気には、十分気をつけてください。


Q2 LPガスの供給設備、消費設備とは何ですか?

供給設備

LPガス容器(ボンベ)からガスメータまでは、供給設備といい、LPガス販売事業者が責任を持って維持管理を行います。

消費設備

ガスメータの出口からコンロ、湯沸器などの設備までは、消費設備といい、ガスをお使いのお客様に維持管理していただくことになっていますが、安心・安全を期するため、保安機関としての認定を受けたLPガス販売店または販売店から依頼を受けた保安機関が、液化石油ガス法にもとづき、定期的に消費設備の調査を行っています。


Q3 ガス料金はどうやって決まるのですか?

LPガスの料金は、一般に基本料金と従量料金との合計で算出されます。

○基本料金
…容器・自動切替装置・ガスメーター等の供給設備費、LPガス業者賠償責任保険料、設備の点検・調査などの保安管理費、検針・集金等の管理費用などで構成されます。ガスの使用量とは関係なくガスを安定してお届けするため固定的に発生する経費です。
○従量料金
…ガス仕入代金、ガス配送費、販売などのための経費、利益などで構成される、ガスの使用量に応じて支払う料金です。特に、従量料金に含まれる仕入代金は、日本で使用されるLPガスの約8割が海外からの輸入で賄われているために、輸出国の世情や世界の需給バランス・為替相場の影響を受けて変動します。